ベラティーナ様に「ウナギのフリット バルサミコソース」をご紹介いただきました。

 

%e9%b0%bb%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88

 

<材料(2人分)>

ウナギ(蒲焼きor白焼き)                       1尾

強力粉                                              適量

オリーブオイル

【バルサミコソース】

オリーブオイル                                    大さじ1

ニンニク                                            1片

バルサミコ                                         50cc

醤油                                                              大さじ1

砂糖                                                              小さじ1

スペアミント                                              5g

ミニトマト(飾り)                                適量

 

<作り方>

 

  1. ウナギは5cmに切り、強力粉をまぶしておく。
  2. スペアミントは粗みじん切りにしておく。
  3. フライパンにオリーブオイルを少し多めに入れ、ウナギを揚げ焼きする。
  4. 鍋にオリーブオイルを入れて潰したニンニクを入れて香りをだす。バルサミコ・醤油・砂糖を加えて2/3くらいに煮詰めておく。
  5. 2を皿に盛りつけ、スペアミントとバルサミコソースをかける。

 

<コメント>

毎日蒸し暑くて体がなかなかついていけませんね。私は夏風邪をひいてしまい、なかなか咳が抜けずに毎日辛いです。暑くて食欲減退、免疫力が低下しているときは鰻でも食べたい~!ということで、今回はワインにあう鰻料理、“ウナギのフリット”です。生の鰻はなかなか手にはいらないので、蒲焼きや白焼きを使用しています。このお料理はミントがとてもあうので、お好きな方はたっぷり添えてお召し上がりください。鰻を食べて、猛暑を乗り切りましょう!!

 

 

<ここがポイント 土用の丑の日といえば鰻!>

夏のごちそうといえば、「鰻」。ビタミンAやDが豊富で、この時期に食べたいですよね。土用の丑の日に鰻を食べる習慣がありますが、そもそも意味をご存じですか?土曜とは四立(立春・立夏・立春・立冬)の前の18日間で、夏の土用は立秋前の18日間です。丑の日の丑は、十二支の丑で12日周期で日にちを数えるのに使われています。立秋前の18日間の丑の日なので毎年日にちが変わります。今年は7月30日になります。暑さが厳しい中、夏バテしないように精のつくものを食べる習慣がつきました。今でも土用の鰻は人気で、土用の丑の日は鰻食べなくちゃって思いますよね。

 

★レシピ・写真 ばんくみこ★

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA