ベラティーナ様にタコとフキのサルサヴェルデをご紹介いただきました。

 

%e3%82%bf%e3%82%b3%e3%81%a8%e3%83%95%e3%82%ad%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%87

 

<材料(4人分)>

タコ(刺身用)                                   100g

フキ                                               2本

新タマネギ                                        1/2個

黄パプリカ                                          1/4個

<サルサヴェルデ>

イタリアンパセリ                                1パック(葉のみ8g)

パセリ                                                    1枝(葉のみ7g)

アンチョビ(フィレ)                        3枚

ニンニク                                                 1片(4g)

ケイパー                                                 20g

白ワインビネガー                                大さじ1

ドライパン粉                                        大さじ2

塩・胡椒                                                適量

EXVオリーブオイル                            150cc

コンソメ(フキの下味用)                適量

 

<作り方>

  1. フキは塩をかけてまな板の上で板ずりをする。塩がついたまま鍋で3-4分茹でる
  2. 茹であがったら冷水にとり、両側から皮をむく。適当な大きさにカットし、コンソメで2分茹でてそのまま冷まし下味をつける。
  3. タコをスライスする。タマネギとパプリカは薄くスライスし、軽く塩をしておく。
  4. タマネギとパプリカを軽くしぼり、コンソメからフキをとりだす。タコ・タマネギ・パプリカ・フキをサルサヴェルデであえて、しばらく冷蔵庫で冷やす。
  5. 塩・胡椒で味をととのえて、器に盛り付ける。

<コメント>

魚料理や肉料理に相性抜群のサルサヴェルデソース。春はパセリが旬なので、香りが良く葉も柔らかいので春お薦めのソースです。今回は簡単にタコとフキをあわせてみました。今の時期でしたら、鯛のカルパッチョにもおすすめです。イタリアンパセリがたくさん手に入るようでしたら、全量イタリアンパセリで作ってみてください。

今回はイタリアンパセリ1パック使い切りのレシピにしました。

 

<ここがポイント フキ> 

フキは日本原産の野菜です。3月中旬からフキが姿をみせます。フキの花が天ぷらにすると美味しいフキノトウです。フキはアクがまわりやすいので、すぐにした処理してください。茹でて冷水にとったら根元から葉にむかって皮をむいて使います。火が通っていないと真ん中から黒くなりますので、しっかり茹でてください。塩で板ずりすると、フキの発色がよくなり、あく抜き作用もあります。

 

★レシピ・写真 ばんくみこ★

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA