ベラティーナ様に「雲丹のバーニャカウダソース」をご紹介いただきました。

 

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%80%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b9%e9%9b%b2%e4%b8%b9%e3%81%ae

 

<材料(4人分)>

ソース

ニンニク                                          6かけ

牛乳                                               適量

アンチョビフィレ                                6枚

雲丹                                               20g

オリーブオイル                                   100cc

生クリーム                                           100cc

塩・胡椒                                               適量

◎お好きな夏野菜◎

キュウリ                                                1本

ニンジン                                               1/2本

大根                                                       1/4本

赤・黄パプリカ                                  各1/2個

キャベツ                                               1/5個

セロリ                                                    1本

ラディッシュ                                       4本

プチトマト                                           8個

 

<作り方>

1.鍋に皮をむいて芽を取ったニンニクを入れ、牛乳がヒタヒタにかぶるくらい入れて弱火で20分ほど柔らかくなるまで茹でる。

2.ニンニクを取り出し潰しておく。アンチョビはみじん切りにしておく。

3.鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて、弱火でゆっくり温め、火からおろして休ませる。

4.その間に野菜を食べやすい大きさに切っておく。

5.再び3の鍋を火にかけ、アンチョビ、生クリーム、雲丹を入れて温め、最後に塩・胡椒で味をととのえる。

 

<コメント>

いよいよ5日夜(日本時間6日朝)からリオデジャネイロオリンピック!寝不足の日々が続きそうですね。オリンピックの期間はパパっと簡単なフィンガーフードをテーブルに並べてスポーツ観戦しましょう!ということで今回はバーニャカウダです。そして、ちょっと贅沢にこの時期に美味しい生雲丹を入れてみました。夏雲丹の食べごろはお盆までですよ!

 

<ここがポイント バーニャカウダ>

バーニャカウダは北イタリア、ピエモンテの郷土料理です。「熱いお風呂」という意味で、熱々のソースのお風呂に野菜やパンをつけて食べます。「ピエモンテの冬のお料理を暑い夏に食べよう!」ということで熱々のソースを温めながら食べるのではなく、ディップ感覚のものにアレンジしました。こちらのソース、野菜やパン以外にも、お肉やお魚、蒸し野菜にかけても美味しいですよ。生クリームとダイストマトを加えると美味しいパスタソースにもなります。夏バテ気味のこの季節だからこそ、野菜をたくさん食べる前菜にしたい1品ですね。

 

★レシピ・写真 ばんくみこ★

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA