べラティーナ様に「レンズ豆の煮込み」をご紹介いただきました。

来年Happyな一年になるように、レンズ豆を使ってみました。

レンズ豆の煮込み

<材料(4人分)>

レンズ豆(皮付き)                      150g

ソーセージ                                4本

手羽先                                     4本

ベーコン(ブロック)                  200g

ニンニク                                    1片

タマネギ                                          1/2個

セロリ                                              1/2本

マッシュルーム                             1パック

ジャガイモ                                     1個

トマト缶                                         200g

ローリエ                                         1枚

コンソメ                                         1個

水                                                     500cc(具材がひたる程度)

塩・コショウ                                適量

パセリ                                            適量

 

<作り方>

    1. レンズ豆はたっぷりの水に30分以上浸し、茹でこぼしておく。
    2. ニンニク・パセリはみじん切り、タマネギ・セロリ・マッシュルームは薄切りにする。ジャガイモは1cmの角切りにする。ベーコンは拍子切りにする。
    3. 手羽先に塩・胡椒をして表面を焼き取り出しておく。
    4. 鍋にオリーブオイル入れてニンニク・タマネギ・セロリ・マッシュルームを入れて弱火で炒め、ベーコンを入れて炒める。
    5. レンズ豆、手羽先、トマト缶、ローリエ、コンソメ、水を入れてあくを取りながら30分煮込む。
    6. ソーセージとジャガイモを入れて煮込み、火が通ったら塩・胡椒をして味をととのえる。
    7. パセリをかけて、お好みでパルミジャーノやレモン汁をかけていただく。 

 

<コメント>

乾燥豆の調理のポイントはたっぷりの水で戻し、下茹でをすることです。豆に十分な水分を吸わせることでむらなくふっくらと煮あがります。レンズ豆はうすく小さいので短時間で火が通るのでこの2つの作業を省く方もいらっしゃいますが、美味しく仕上げるために行ってください。たくさんレンズ豆を食べたら、来年は宝くじに当たっちゃうかもしれませんよ♪

<ここがポイント レンズ豆>レンズ豆の形が硬貨に似ていることから、大晦日や新年に食べるとお金が貯まるという言い伝えがあり、イタリアで食べられます。レンズ豆は旧約聖書の創世記で、双子の兄が弟の作っていたレンズ豆の煮込みを空腹のあまり長子の権利を譲る約束をして食べたというエピソードがあることからわかるように、古くから親しまれていたものです。レンズ豆は乾燥豆の中でも栄養が高く、鉄分が多く含まれます。

★レシピ・写真 ばんくみこ★

 

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA