べラティーナ様に「春菊ジェノベーゼ」をご紹介いただきました。

ジェノベーゼというとバジルで作りますが、今回は春菊で挑戦!

美味しいですよ~

春菊ジェノベーゼ

<材料(2人分)>

ロングパスタ                                140g

ソース                                         大さじ4

ソース(300cc分)

春菊(葉の部分)                                     50g

EXVオリーブオイル                                200cc

ニンニク                                                     1片

パルミジャーノレッジャーノ               30g

松の実                                                        30g

クルミ                                                        15g

塩                                                               小さじ1/2

白胡椒                                                        適量

プロシュート                                           適量

 

<作り方>

    1. 春菊の葉をつむ。ニンニクの芽は取り除き粗く刻んでおく。
    2. 松の実とクルミを焦げないように注意しながらフライパンで弱火で炒る。飾り用に少量残して粗く刻んでとっておく。
    3. ニンニク・松の実・クルミをフードプロセッサーにかける。春菊の葉・EXVオリーブオイルを2回にわけフードプロセッサーにかけてペースト状にし、塩で味をととのえる。
    4. パスタを茹で、ソースにあえて刻んだ松の実とクルミを加え、塩・胡椒で味をととのえる。皿に盛り付け、プロシュートと春菊の葉を飾る。

 

 

<コメント>

11月に入り、春菊の美味しい季節になりました。鍋物、味噌汁の具材、おひたし、和え物とこの時期は大活躍ですが、実は生食もおすすめです。春菊は強い香りからアクが強い野菜と思ってしまいますが、アクの成分であるシュウ酸はホウレンソウの4%と少なめです。葉先を生のままサラダで食べると春菊の香りと苦みがアクセントになります。今回はバジリコではなく春菊の葉を生で使い日本版ジェノベーゼにしました。パスタだけでなく、ムニエルやグリル野菜のソースにしたり、ドレッシングに混ぜたり、スープにちょい足ししたりと便利なソースです。

 

<ここがポイント 春菊>

漢方では「食べる風邪薬」ともいわれ、その抗酸化作用はお肌の老化を防ぐ効果があるといわれています。水に長時間さらしたり、加熱時間が長いとせっかくの栄養素が流れてしまうので気をつけましょう。

 

★レシピ・写真 ばんくみこ★

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA