<材料(4人分)>

ゴーヤー                                       1/3本(100g)

クスクス                                      1カップ

プチトマト                                     6個

キュウリ                                       1/2本

レッドオニオン                                 1/8個(20g)

ミョウガ                                       1個

粒コーン                                       大さじ1

かつおだし                                     適量

ライム汁                                       大さじ2

EVオリーブオイル                              大さじ3

ガラムマサラ                                   小さじ1/2~

塩・胡椒                                       適量

ミント                                         1枝

<作り方>

  1. ゴーヤーは縦半分に切り、スプーンで種とわたを取り除き薄切りにする。
  2. 1を軽く塩もみし、かつおだしで2分ほど茹で、冷めたら水気をしぼっておく。
  3. クスクスは同量の熱湯で5分ほど蒸らし、塩・胡椒・EVオリーブオイル(大さじ1)で軽く下味をつけておく。
  4. プチトマトは半分に切って種を取り除く。キュウリは薄く小口切り、レッドオニオンは薄切りにして塩もみしてしっかり水気をとる。ミョウガは薄切りする。
  5. ボウルに、クスクス・ゴーヤー・プチトマト・キュウリ・レッドオニオン・ミョウガ・粒コーンを入れてざっくりまぜあわせ、塩・胡椒、ライム汁、EVオリーブオイル(大さじ2)で調味する。
  6. 盛り付ける直前に、ガラムマサラふりかけて混ぜ合わせて器に盛り、ライムとミントを添える。

ゴーヤ

「ゴーヤー」、「苦瓜」、「ツルレイシ」ともよばれ、独特な苦みが特徴です。苦みの素は、モモルデシンという成分で消化液の分泌を促し、食欲をアップする働きがあります。太陽の光をたっぷり浴びたゴーヤーはビタミンCが豊富で栄養満点です。暑い夏には是非積極的に食べたい元気野菜ですが、ゴーヤーといえばチャンプルーしか作らないという方も多いですが、炒めもの以外にもサラダやお浸し、酢の物もおすすめです。ワタに近い内側の部分がとくに苦いので丁寧にスプーンで取り除き、塩もみをしてカツオだしで煮ると苦味がやわらいで食べやすくなります。

選ぶときは、イボが密集していてハリがあり、濃い緑色でずっしりと重みがあるものがおすすめです。

ゴーヤーは乾燥に弱いので、紙などに包んでからビニール袋に入れて野菜室で保管してください。

コメント

クスクスは茹でる手間がなくボウルにクスクスと同量の熱湯を入れてラップして蒸らすだけなので、暑くてあまり火を使いたくないときにはお勧めの食材です。夏場はクスクスサラダを作って冷蔵庫に常備しています。ゴーヤーはカレー味がとてもあうのでガラムマサラをアクセント入れてみましたので、お好みで辛さの調整をしてください。ライムがなければレモンで代用してくださいね。

Bellatina 2014年8月掲載レシピ

My Work : レシピ考案 & 写真撮影