<材料(2人分)>

カッペリーニ                                   70g

そうめんカボチャ                               1/4個

トマト(中サイズ)                             2個

ひとくちチェリータイプモッツァレラチーズ       5個

EVオリーブオイル                              大さじ3~

ハチミツ                                       小さじ1/2

ニンニクすりおろし                             小さじ1/4

塩・胡椒                                       適量

バジル                                         3-4枚

<作り方>

  1. トマトを湯むきし、種をとって5cmのコンカッセにしておく
  2. 1にオリーブオイル(大さじ1)、塩(2g)・胡椒、ハチミツ、ニンニクすりおろしをまぜておいておく。
  3. そうめんカボチャは3cm位の輪切りにカットし、スプーンで種とわたを取り除く。
  4. 3を熱湯で10分ほど茹でる。冷水にとり冷めたらほぐし、水気を絞っておく。
  5. カッペリーニを少し柔らかめにゆでて、冷水でしめて水気を絞っておく。
  6. 2のソースにそうめんカボチャとカッペリーニをあえて、千切りにしたバジル・半分にカットしたモッツァレラチーズを加えて塩・胡椒で強めに味を整えて最後にオリーブオイルをかけまわす。
  7. 皿に盛りつけ、最後にバジルを飾る。

そうめんカボチャ

昨年そうめんカボチャを知り合いの方からいただいて、シャキシャキとした食感と糸状になる見た目のユニークさにはまってしまいました。そうめんカボチャや金糸瓜と呼ばれていて、茹でると果肉の部分の繊維がほぐれて糸状になります。
選ぶときは、色むらがなく傷が少なくずっしり重みがあるものがおすすめです。黄色いほど熟しています。食べごろになると軸の付け根がキュッとしまったかんじになってきます。
そうめんカボチャ自体には味がないので、なます風の酢の物にしたり、そうめんと一緒にめんつゆでいただいたり、ソースやドレッシングとからめてサラダ感覚でいただいたりと色々とバリエーションを楽しめます。色も黄色で鮮やかなので、先日も南蛮漬けのお野菜に加えたら物珍しかったらしく好評でした。

コメント

さっぱりした夏向けパスタのご紹介です。

カッペリーニとは「天使の髪の毛」という意味のイタリア語です。細いパスタなので茹でるときに折れないように気を付けてください。茹であがったら氷水にとって冷まします。パスタが完全に冷えたら水気をしっかりきってください。ソースも冷蔵庫でしっかり冷やして、パスタとそうめんカボチャとあえてください。

Bellatina 2014年8月掲載レシピ

My Work : レシピ考案 & 写真撮影